FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

人手がマシンにとって代わるとき。



60歳になったら白髪のままにしたいなあと思っていたけども

仕事を依頼してくれる先の社長にチラッと打診してみたら
「それはやめてね」 とのことでした。

仕事がこなくなると自営業者としては死活問題。
とても困るので、仕事やってるうちは白髪ムリかなーー残念だけど。




いつもは自宅でセルフ白髪染めをしているけども、
染めだけの美容室がある、しかも安い!! と聞いてさっそくGO!

行ってまいりました。





アウトでした。たぶん、もう行かない。


目的だった「染め」に関しては特に問題なくやってもらいました。
アウトは洗髪。マシン洗髪だったのですが、

ゆるゆるのやわやわシャワーがぞわ~~と頭部を行き来して
信じられないくらい気持ち悪かったのです。苦行そのもの。
あまりにも気持ち悪くて涙が出るくらい。

予約可能な最後の時間帯だったせいか、
ふたりのスタッフさんは、奥で片付けをしている様子で姿がみえませんでした。

マシン洗髪されているあいだ放置プレイ。
おかしな設定の機械にやりたい放題に気持ち悪くされて、仕事後の疲れが倍増でした。


価格をおさえるためにマシンを使うのはぜんぜんオッケー。
逆にすごく楽しみにしてたのに。



これからの世の中は、もっともっと人手がマシンにとって代わるのでしょう。
でもそのマシンを適切に使って管理するのは人間。

しかもそれが人に対して使用されるとき、機械まかせで確認もないなんておそろしい。

少子高齢化で働き手がどんどん減るこれからは、
特に介護分野には、なくてはならない機械がいっぱい使用されるでしょう。

ぜひ過信しないで、きちんと確認・管理・点検をしてほしいと思いました。




関連記事
このエントリーのタグ: 人手 マシン
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

くりむ

Author:くりむ
本業は住宅関連のお仕事。
園芸関連のバイトも始めました。
働くことは生きること。

*******************

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

* * * * * * * * * * * * * *

**********************

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム