FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

次男くんの学歴。



先日、次男くん一家とお出かけしたときに

彼の長男4歳児が、にぎりしめていた10円玉をひっくり返して

「これはなに?おうち?」 とあたしに質問してきました。

「えーと、えーと、ほら、京都の・・・」 と、もごもご答えあぐねているあたしの横から

次男くんがチラ見して

「それは平等院鳳凰堂だね、世界遺産だよ」 ときっぱり。

そーそーそれそれ。




いやもーホント、忘れて出てこない自分が恥ずかしいってことよりも、

次男くんの答えにホッとしたわけですよ。




彼は、中学2年のころから荒れに荒れ狂いまして、学校大嫌い少年でした。

中2から中3のテストをまともに受けていないため、内申書はほぼオール1で。

高校は、地域の最低の底の底の公立高校へ。

しかーし。 バカばっかりでつまらん、とのたまって3か月で中退。

あんたはそのバカのなかでもいちばんの大バカだよーー! と叫んでいた母親のあたしでした。

で、その後大検をとり、かろうじて大学に入学し卒業したんですけども。

大学時代は、とにかくバンド活動しかしていません。

という経歴なので、学力は中1のままではないかと。


そんな彼がスラスラと、平等院鳳凰堂・世界遺産・京都 って

子どもに答えているのを見て

すごーくすごーくホッとしたんですよね。




自分を見ても、学歴ってあてにならないなと思います。

アタマがいいわけでもないあたしは、地域の有名進学校出身です。

でも今ならわかる。

単に記憶力がよかっただけ。それも短期記憶だけ。

ガーっと一夜漬けで覚えて、試験が終わるとすべてきれいに忘れる、を繰り返して試験をのりきってました。

そのときのいろんな知識が身についていないのを痛感することが多々あります。


かたや、次男くんは一度覚えたことはほぼ忘れない。

あたしにはない能力。 すごいなあ。


そして、次男くんが良きとーちゃんになっているのを

おだやかに眺めるときがくるなんて。



彼にかかわったすべての人たちに、感謝せずにはいられない。



関連記事
このエントリーのタグ: 学歴 あてにならない
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

くりむ

Author:くりむ
本業は住宅関連のお仕事。
園芸関連のバイトも始めました。
働くことは生きること。

*******************

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

* * * * * * * * * * * * * *

**********************

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム